-mya-mon’s room-

どうも!!

TDC-チームリーダーのmya-monです!

なんかタイトルが『徹子の部屋』みたいになってますがきっとそんな感じなのでしょう・・・

※私が命名した訳ではない!()

というわけで今回のテーマはTwitterでリクエストを頂いた『デッキ構築』と『モンスターデッキの強み』と『パスのタイミング』についてまとめて紹介していこうと思います。

まずはデッキ構築に関して、自分はこうやって組んでますよーってことをご紹介していきます!

最初から完成されたデッキを組むのは困難です!

少しずつ自分に合ったデッキを組んでいきましょう!

①デッキの中身はなんでもいいです!なんとなくカードを読んでイメージしながら自分で強いと思うカードの組み合わせをピックしてコスト内に収まるようデッキを仕上げます。

②あとはひたすら実戦!自分のレート帯で流行しているデッキ把握と、カードがどの程度機能しているか見定めます。

➂実戦を繰り返した結果、自分の中で取捨選択を行います!ここが面白いところで人それぞれ価値観が分かれます。

例えば、デッキにゲラルト:イグニを採用している場合。

あまり活躍しなかったからデッキから抜こう( ゚Д゚)と考えるのか!

 

はたまた、このカードがないとあのデッキに勝てないから採用!( ̄▽ ̄)

 

相手にダメージを与えるカードがほとんどないからこのデッキでは機能しやすい!(^^)

 

など、自分の感性で良いのでカードの採用不採用を考えます!

基本的にこれの繰り返しですね!”

では一つ、私の作成した吸血鬼デッキをご紹介しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが初めに作った吸血鬼デッキです!

作った当初はスコイアのドワーフデッキが圧倒的に多く対策カードのアラキスの毒やランバートを採用しております。
では次に、現在使っている吸血鬼デッキとの変更点を解説します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在はドワーフにナーフが入り、かなり減りました。

ほんとうに色々なデッキが入り混じっている環境ですが、ニルフガードがやや多いかなと感じた為、アダ:ストリガを採用しました。

守護者からステファン・スケルンを置く動きが非常に強力なため、ゲラルト:アクシーで守護者を消してアダ:ストリガにつなげて破壊するのが狙いの動きです。
デッキを回しているうちに、やはりイギャーンは絶対に初手に欲しい!と感じたためアルズールの複十字も採用しております。

イギャーンがあると後攻だといつでも1手で点数を返せる安心感と相手のパスしたそうなタイミング(戦術的優位使用後)を狙って点数を突き放すことが出来ます。

このように実戦を得て、気付くことも非常に多いので『デッキを組む→実戦から学ぶ』という作業がデッキを上手に組むコツだと思います。

次に私の感じる『現環境でのモンスターの強み』を紹介していきたいと思います。

『とにかく成長ユニットが化け物!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君たち本当に4~5コスなの??というスペック!

8~10点を比較的用意にだしてくれます!

※:ただしネッカーは相手のデッキを選ぶので注意が必要!

下級が優秀ということは序盤から惜しみなく点数を出すことができるので安いカードでラウンドを取りやすい or 相手の良いカードを切らせやすいです。

これがどういうことかと言うと・・

グウェントはよくリソース管理のゲームと表現されることがあります。

トランプで言うところの大富豪に近いのかなと思います。

最後まで良いカードを残すことが勝利へと繋がります。

逆に言うと相手に良いカードを使わせることも大事な要素です。

モンスターは低コストのカードで相手の強カードと張り合えるくらいのパワーを持っていますので、こちらは安く済ませて相手に高いカードを切らせる事ができるというのがモンスターの強みだと思います!

※高コストカードは他勢力に比べるとやや控えめな印象

次にパスタイミングについて少し解説します!

パスタイミングは相手のデッキと自分のデッキの相性を熟知しておく必要があります。

相性がよければ即パス。悪ければ相性の悪いとされる元凶のカードを相手に切らせるもしくは特定のカードが効果を最大限発揮しないようなショートラウンドに持っていく必要があります。

例えば、ラグ・ナ・ログなんかは分かりやすい例でターン数が多いほど効果を発揮します!

正直、パスタイミングはとても難しい問題でして、、、

例外も多く、自分の経験を頼りに判断していく必要があると思います。

まぁ基本的なセオリーは自分のデッキが相手のデッキよりもショートラウンドを好むのか、ロングラウンドを好むのかという点が非常に大きい要因ですのでこの点を心掛けてみてはと思います!