【インタビュー】公式パートナーに突撃!第二弾REDЯUMさん

Gwentプレイヤーのみなさま、こんにちは。
今回はGwent公式パートナーに突撃取材をした第二弾となります!
それではREDЯUMさん、本日はよろしくお願いします!
よろしくお願いします!
Aen Ard Feain! (By the Great Sun!)
まずは、Gwentを始めたきっかけについてお願いします。
グウェントとの出会いは『ウィッチャー3』です。後に、β版をプレイし、ウィッチャーの世界観を感じられるアートワークと戦略性にハマり今に至ります。
なるほど、ウィチャー3から始まっていったんですね。僕も同じです。それでは、次に好きなカードについてお話ください。
ニルフの密偵《カンタレラ》ですね。
ニルフらしいアビリティ、物語性のあるプレミアム版、横顔から漂う気品。三拍子揃ったカードです。
今はなき日本語音声の「誰も私からは逃れられない」という声もセクシーで好きでした。
さすがニルフガード帝国親善大使ですね!お次は公式パートナーに応募したきっかけをお願いします。
公式パートナーに応募した理由は、プレイしたりブログを書いたりすることがグウェントコミュニティを盛り上げることに繋がればいいなーと思ったからです。今年はもっとブログを書いていこうと思っています。
なるほど、ブロゴを通じての情報発信ですか。僕も似たようなこおとをしていますが、なかなか閲覧数が増えないです。それでは、今後のGwentに期待することをお話しください。
スマホ版がリリースされてやっとスタートラインに立ちました。今年は大会を盛り上げてeSportsとしての地位を固めて欲しいと思います。そこが盤石になればうまくサイクルして行くと思うので。
それでは最後に一言お願いします!
最後に、、Twitterではいつもみなさんのグウェント情報で楽しませてもらっています。今年もみんなで些細な小ネタから考察レポートまで色んな情報を共有して楽しんでいきたいですね!
今回のインタビューは以上です。ご協力、ありがとうございました!

【リニューアル】Gwentの母国ポーランドに向けて

こんにちは。-TDC-世話人です。
今回は、Gwentプレイヤーのみなさまに連絡があります。
絵師と相談した上で、チームイラストの猫絵をGwentの母国ポーランド国旗である「赤と白」にリニューアルしました!

いつか国境を越えて、世界中のプレイヤーさんと交流できるようになれたらいいな。
今回は以上です。今後とも-TDC-をよろしくお願いします!

【-TDC-Gwentカップ】登録締め切りは金曜日21時

Gwent愛好家のみなさま、こんにちは!世話人です。
延期していた-TDC-主催のGwentカップがついに今度の日曜日に開催されます!
参加費は無料で、上位3名までにCDPR社から賞品(プレミアム樽)を貰うことができます!
まだまだ参加枠に余裕があるので、気になっている方はぜひご参加ください!
今回は以上です。寒いので風邪を引かぬようお気をつけくださいね!
はっくしょん!

【初心者の方へ】まずやっておくといいこと

こんにちは。-TDC-世話人です。
みなさまはどのように休日をお過ごしでしょうか。僕は一日中Gwentをやっていました。
さて、今回のテーマなんですが、プレイングスキルは慣れるしかないので、初心者さんが絶対にやっておいたほうがいいことをご紹介します!
オススメは、「①環境デッキと②カードを知る」ことです。
①の環境デッキについては、海外の有名なサイトをリンクします。

環境デッキ(メタスナップ)はココ!
上のサイトに行って、Meta snapshotという項目をご覧ください。Tierごとに環境デッキがまとめられています。
それでは次にカードについてですが、日本には全部のゴールドカードを評価するサイトがあります。(昨日のブログを閲覧された方はご存じかと思います。)

カード評価はココ!
自分も、Gwentを始めたころはカードが全然わからなくて、上記サイトとにらめっこしてました。
momenさんのカード評価サイトをご覧になるときは、全ゴールドカードの点数が一覧化されている記事が面白いし役立ちます。自分の好きなカードが何位か調べるのも楽しいですよ!
本日は以上です。初心者の方から上級者の方まで納得してくれるサイトになるよう、これからも精進します!

【初心者の方へ】失敗から学ぶもの

Gwentプレイヤーのみなさま、こんにちは!
今回の記事では、昨シーズンに500敗以上をした体験をもとに、「負けたときどうしたらいいのか」について述べたいです。
まず、これは個人の性格に関わることですが、向上心が強い方は負けると悔しい思いをするのではないでしょうか。負けても気にしないメンタルの持ち主の方は、正直羨ましいです。
僕の場合は、負けるとめっちゃ悔しがる性格です。連敗したときには、もう心が痛くなって平静を保てなくなります。こういうときには、「負けたからこそ、何かを学ぼう」とすることが大切なのではないでしょうか。
負け方にはいろいろな種類があって、例えば自分の引きがぜんぜん良くなかったとか、相手の引きが良すぎて負けたとか、そういった純粋に運が左右する展開ももちろんあると思います。こういった場合は、自分は気にしないようにしています。
一方で、明らかに自分のプレイングミスがあったときは、悔しさに苛まれることも多々ありますが、「これは成長するチャンスだ!」と捉えるといいと思います。
また、負けた後にデッキを作り直すことは、得るものが多いと思います。あのカードがあればこう対処できるなど、文字だと抽象的でお伝えしにくいですが、すべては自分自身の成長に向かっていると前向きに考えられたらいいと思います。
負けて悔しくてどうにもならないときは、気分転換ができる方はそれを行い、できなければデッキ直しで試行錯誤するのもいいと思います。僕は後者のタイプなので、ツイッターに何回もデッキを投稿して自分を客観視できるように心がけています。
負けても負けても前を向けるのは、Gwentが好きなのと支えてくださるみなさまのおかげでもあります。ありがとうございます!
今回は以上です。ご拝読、ありがとうございました!

 

【インタビュー】公式パートナーに突撃!第一弾momenさん

Gwentプレイヤーのみなさま、こんにちは。-TDC-世話人です。
本日から、Gwent公式パートナーのみなさまにインタビューしていく企画を始めました。第一弾は日ごろから-TDC-にお力を貸してくださる、momenさんです!
momenさん、よろしくお願いします!
りびさんこんにちは。
第一弾ということで声をかけていただいてありがとうございます。
よろしくお願いします!
では、まずGwentを始めたきっかけをお話しください。
ええと、盤面で生きているかのようなカードのメカニズムや互いに影響しあう様子、それにイラストの美しさなどに惹かれたのがきっかけになります。
なるほど。確かにGwentはウィッチャーの世界観が反映されていて美しいイラストが多いですね。
では、次に好きなカードを教えてください。
強化トレビュシェットです。
エンジン系が好きなのと、攻城兵器らしいメカニズムから気に入っています。
おお!なかなか渋いチョイスですね。それでは公式パートナーに応募されたきっかけをお話しください。
応募というか、ゴールドカード評価シートを運営していたため、公式パートナー制度が始まった段階で選ばれました。大変光栄に思っています。
公式から選出されたのはさすがですね!ゴールドシートカードは僕も活用させていただいております。次に、今後のGwentに期待することをお願いします。
はい。今後も長く続けていきたいので、安定した運営を期待しています。
これからもGwentを楽しんでいきたいですね!それでは最後に、今後のGwentがどうなっていくか展望をお聞かせください。
今年はドロー密偵が復活しても良いころではないかと予想しています!
おおお!面白いチョイスですね!今回のインタビューは以上です。これからも公式パートナーとして頑張ってください!